スポンサーリンク



自己破産前の僕

自己破産と個人再生はどっちが良いの..?
自己破産ってイメージ悪いしな…
個人再生の方が処遇が軽いの?

弁護士(説明)

確かに個人再生と聞くと、処遇が軽いイメージがあると思います。
ただ、実際の処遇は自己破産と変わりません…財産の有る無しで選ぶと良いですよ。

 

☑記事を読めばここがわかる

・自己破産と個人再生の違い
・自己破産で調べられる財産
・自己破産で残った財産(実例紹介)

 

自己破産と個人再生の違い

自己破産前の僕

自己破産はすべての財産が没収されるの?
個人再生で減額される額は?
残せる財産ってどんな物?

弁護士(説明)

自己破産は20万円以上の価値が有る物と99万円以上の現金は没収されます。

個人再生では借金の額によりますが1500万円以下の借金では、約5分の1に減額出来ます。

ローンが完済した車や家は残せますが、ローンが残っている物は自己破産同様回収されます。

自己破産前の僕

なるほど…
家や車のローンがない人は、個人再生の方がお得って事ですね!
でも、個人再生には条件があるって聞いたことあるんですけど…

弁護士(説明)

そういうことですね!

よくご存じですね!
個人再生は自己破産と違い、債権者の半数以上に同意を得て、なおかつ同意を得た債権者からの借金の合計金額が、借金の総額に対し半分以上である必要があるんです。

一つの業者からお金を借りていた場合、その業者が承認しなければ、個人再生はできません。

 

ここがポイント

・自己破産では20万円の価値が有るものと、99万円以上の現金は没収される
・個人再生は借金を5分の1に減額し、ローンの終わった車や家は残る
・個人再生は債権者の半数以上に同意を得て、なおかつ同意を得た債権者からの借金の合計金額が、借金の総額に対し半分以上である必要がある

 

体験談
・個人再生を検討していたが、財産が無いことから自己破産に路線変更
・個人再生と自己破産で、その後の規制は変わらないと感じた
・自己破産は借金が残らないので、その後の生活にほとんど変化はない

確かに個人再生は、家や車を残したい人には有効かもしれません。

しかし、借金も残るのでそれが嫌な人は自己破産する方が早いですし、その後も楽だと思います。



スポンサーリンク



 

自己破産で調べられる財産

自己破産前の僕

自己破産時の財産はなぜわかるの?
財産を隠していた場合は?

弁護士(説明)

自己破産時の財産は、通帳とクレジットカードなどの利用明細などで調べられます。

財産を隠していた場合は、免責を受けられない可能性が有るので要注意です。

 

ここがポイント

・財産は銀行口座やクレカの利用履歴で判断
・財産隠しは自己破産の失敗につながる

 

体験談
・クレジットカードの利用明細は、弁護士事務所で取り寄せてもらえた
・メルカリの売上金(数千円程度)の申告漏れがあったが、その後のきちんと報告したので、財産隠しとは見なされず手続きを進めることが出来た

 

自己破産や個人再生と聞くと、ものすごく細かく調べられると想像しがちですが、実際に1円たりとも見逃さない!というような感じではありません。



スポンサーリンク



もちろん、故意に申告を怠ることは免責不許可事由に当たるので絶対に行ってはなりませんが、申告漏れがあった場合には、速やかに申告すれば大丈夫です。

 

自己破産で残ったもの(実例紹介)

自己破産前の僕

自己破産で財産没収されるのは分かったけど、実際何にも残らないのは辛い..
TVで見る家宅捜索とかも来るのかな..
そうなると家族に迷惑がかかるし..

自己破産後の私

それは僕が説明しよう!
僕もすべての物が取られると思っていたんだ!

実際には、車は没収になったけど、家具やゲーム、パソコンなんかは没収されなかったよ!

それに、自宅に誰かが来て捜索することは一切なかったよ!

 

ここがポイント

・車や家は没収される
・家具やゲーム、パソコンは没収されない
・自宅に誰かが来て捜索もされない

 

自己破産や個人再生では、個人の財産を換金し債務者に支払う義務があります。

ただ、換金したも明らかに少額にしかならなかったり、生活必需品などは回収の対象から外れます。

ただ、自己破産前に購入したものを、自己破産開始の直前などに換金したりするのは、免責不許可事由に当たる可能性もありますのでやめておきましょう。

 

スポンサーリンク